床も空気もまとめてきれいにできるのはミーレの紙パック式掃除機だけ!

花粉はすでに飛散がはじまっている!暖冬の影響で2016年の花粉は例年より早い2月はじめから飛散開始と予測されています。花粉飛散量は特に東北地方で要注意とも。室内で快適に過ごすために、花粉対策に「掃除機」を見直しませんか?

室内・車内の花粉・ハウスダスト対策の基本は、「掃除」にあり

3LDKのマンションを1時間換気した場合、およそ1000万個※1もの花粉が流入したとも。
花粉と接触しない・室内に侵入させないことが大切とされていますが、どんなに防いでいるつもりでも、ドアや窓の隙間、換気扇からの侵入はもちろん、自分自身が外出先から衣服に付着させて部屋に持ち込むなど、部屋の中にも花粉は想像以上に存在しているのです。

花粉対策と言えば、一般的には空気清浄機の性能に注目しがちですが、実はそれ以上に、徹底的に掃除することこそがもっとも大切です。空気に混じって侵入した花粉は、室内で長時間浮遊した後、ゆっくりと床に落ちてきます。見落とせないのが、照明器具やカーテンやカーテンレール・棚上、布張りソファや家具裏やフローリングの隙間。ホコリと同様に花粉も溜まっています。空気清浄機では落ちてしまった花粉を取り除くことはできません。室内で快適に過ごすためには、部屋中すみずみまでしっかりとお掃除することが最も大切です。

部屋中すみずみから花粉を取除き、きれいな排気で空気を汚さない掃除機を使用することが大切です。

AllAbout家電ガイドの滝田勝紀さんもまさに「花粉対策には掃除!」の提唱者。どんな掃除機がベストなのか、お伺いしてみました。

※1 環境省が行った調査実験による。

AllAbout家電ガイド滝田勝紀が指南する

ミーレのCompact C2のスゴさの理由

理由01
理由02
理由03

花粉対策にこそミーレの紙パック式掃除機

エアクリーンシステム

ミーレの紙パック式掃除機はとにかく排気がきれいです。
空気は目に見えませんが、試しに本体の上部に設置された排気口に顔を寄せてみてください。きっとチリひとつないクリーンな風を感じられるはずです。
この排気のきれいさを実現できた一番の要因は、9層ソフト構造の紙パックとモーター保護フィルターを組み合わせた、合計11層からなる画期的なエアクリーンシステム。集塵性能99.9%を実現しています。

HEPAフィルター

ミーレで最上位のHEPA13等級エアクリーンフィルターで、0.3μm以上の微粒子を99.999%集塵※3。
一般的に杉の花粉は10μm前後なので、吸引した花粉を通すことはありません。

ハイクリーン3Dダストバッグ

集塵室を開けると同時に、自動的にシャッターが閉まるハイクローズシステムを採用した9層仕様のハイクリーン3Dダストバッグ。万が一釘やガラスなどを吸い込んでも破れることはないよう、柔軟性のある特殊耐久素材を採用。従来のダストパックと比べて、20%多くのゴミを集塵できるようになった。一度吸い込んだ花粉などが外に舞い出ることもなく、手で直接ゴミに触れることもないので安心だ。

HEPA13等級エアクリーンフィルター

一般的な部屋の空気中には、微粒子が約4万個から約10万個程度浮遊している。だが、空中浮遊粒子カウンターを排気口に近づけてみると、その数字はゼロに。HEPA13等級エアクリーンフィルターが、目に見えない微粒子レベルの塵までも完全にシャットアウトしていることが分かる。排気される空気は部屋に漂う空気よりきれいであり、一度吸い込んだ花粉を外に出さない。

排気性能テスト結果NO.1はMiele Compact C2
  Miele
Compact C2*
海外メーカーA社
紙パック式
海外メーカーB社
紙パック式
海外メーカーC社
紙パック式
排気性能テスト 99.999% 99.857% 94.10% 99.999%
排気性能テスト

※調査機関:SLG / IBR Laboratories 2014年12月調べ
*装着したアクセサリーの種類により数値が若干異なります。

製品について詳しくみる

花粉対策にこそミーレの紙パック式掃除機

三位一体の吸引力

ミーレの紙パック式掃除機は驚きの吸引力を実現しています。
吸引力というのはパワフルなモーターだけで生み出すことができません。ゴミをしっかりと集めるノズルはもちろん、心臓部である高効率なモーター、さらにはスムーズに流れる流路が、すべて揃ってこそ強い吸引力が生み出せるのです。
掃除機本体の気密性や人間工学に基づく設計なども重要でそれにより実現した最適な空気の流れが、床面に落ちている花粉を、根こそぎ吸い込むことができるのです。
掃除した後、試しに絨毯やフローリングに寝っ転がってみてください。
花粉がまったくないことに気づきますよ。

三位一体吸引力① ノズル

ノズルに回転ブラシがなく、角度を付けた横いっぱいに広がる溝が刻まれ、空気をロスなく通すことで、大きな花粉までしっかりと吸い取る。人間の髪の毛やペットの抜け毛が絡まることもなく、手入れがラク。さらに硬い床(畳、フローリング、Pタイルなど)と柔らかい床(カーペット、絨毯など)を、それぞれ掃除する際にブラシを切り替えられるのもポイント。

吸引力を最大化するノズル構造
三位一体吸引力②
効率的な自社生産モーター
効率的な自社生産モーター

ミーレでは吸引力の心臓部であるモーターを自社で製造。自社生産のジェントルモーターは、流線型のインペラーで最高の吸引力を達成。電源をオンするとゆるやかに始動し、徐々に出力が上がることで、電気の使い過ぎから起こる過負荷やショートからモーターを保護。省エネ&長寿命も実現する。高性能かつ繊細なAC(直流)モーターは、6段階のパワー調節が可能なほか、ホースがねじれた状態でも安定した回転を維持のもポイント。

三位一体吸引力③
流線的な空気流れ
流線的な空気流れ

本体のフロント側にホースの吸込口を配置することで、急なカーブ部分や空気との大きな摩擦ができにくいので、一定方向にスムーズな空気の流れが生み出される。掃除機全体で理想的な吸引力を作り出すので、花粉が流路途中で止まったりすることもほとんどない。

ダストアップピックアップ率*も調査対象の掃除機の中でNo.1
  Miele
Compact C2*
海外メーカーA社
紙パック式
海外メーカーB社
紙パック式
海外メーカーC社
紙パック式
ダストアップピックアップ率
(フローリング)
99.3% 98.0% 97.1% 93.0%
ダストアップピックアップ率
(カーペット)
78.0% 76.0% 53.7% 67.8%
ダストアップピックアップ率(フローリング)
ダストアップピックアップ率(カーペット)

※調査機関:SLG / IBR Laboratories 2014年12月調べ
*装着したアクセサリーの種類により数値が若干異なります。

製品について詳しくみる

花粉対策にこそミーレの紙パック式掃除機

ミーレの紙パック式掃除機は部屋のあらゆる場所を掃除できます。たとえ高い吸引力を実現しても、各場所や用途に適したノズルが数多く備わってなければ、その吸引力も半減してしまいます。花粉は床だけではなく、机の上、本棚、窓の桟、照明の傘の上、パソコンのキーボード……とありとあらゆる場所に溜まっているものです。
さらに、外出先から帰ってくると衣類には多くの花粉が付着していてそのまま放っておくと、家の中に大量の花粉を持ち込んでしまいます。それらをしっかりと取り去るには、どのタイプの掃除機よりもホースや延長管が長くて、数多くの専用ノズルが備わっているキャニスター掃除機が、実はもっとも有効なのです。

見落としがち?花粉が溜まりやすい場所
カーペットやフローリングのすき間
カーペットやフローリングのすき間

毎日くつろぐ場所であるカーペットの毛足の奥やフローリングのすき間に花粉は入り込み溜まっています。

[ターボブラシ] 空気の流れで回転するブラシが掻き出し、チリ・ホコリや花粉を吸引します。

パソコン・電気製品周辺パソコン・電気製品周辺
パソコン・電気製品周辺

パソコンや電気製品周辺は静電気でホコリや花粉が溜まりやすくなっています。

[ホコリ取り用ノズル] 柔らかいブラシと角度調節できるヘッドで様々な箇所のゴミを吸い取ります。

[マイクロセット] パソコン・AV機器、フィギュアのお手入れに便利。

カーテンレール・棚上や照明器具カーテンレール・棚上や照明器具
カーテンレール・棚上や照明器具

カーテンレールや高い棚、照明器具やエアコンの上などホコリが溜まるところには花粉も溜まっています。人の移動などで風が起きると花粉が下に落ちてきてしまいます。

[ユニバーサルブラシ フレキシブル]

ブラシの角度が調節でき高いところのお掃除に最適。

家具の裏やすき間
家具の裏やすき間

ホコリとともに花粉も溜まっています。

[すきま用ノズル ロング]

先端部が細く柔軟に曲がるので家具や大型家電の裏やすき間のお掃除ができます。

洗面所・浴室の換気扇
洗面所・浴室の換気扇

室内の花粉を吸い寄せているため、最も花粉の溜まりやすい場所の一つです。

[ラジエーターブラシ]

少し硬めのブラシがこびりついたホコリも落とし、吸引します。

布団
布団

室内に侵入した花粉は布団にもついてしまいます。花粉・ハウスダストの除去には掃除機を定期的にかけてあげることが大切です。

[ハンドターボブラシ] 布団のお掃除に最適。空気の流れで回転する内蔵ブラシがホコリや毛をしっかり吸い取ります。

衣類・カーテンや布張りソファ
衣類・カーテンや布張りソファ

レースのカーテンは静電気で花粉を吸い寄せるため、花粉の侵入を防ぐのに有効とされていますが、カーテン自体に花粉が付いています!布製品には花粉が付きやすいことも忘れてはいけません。

[家具用ノズル] カーテン、ソファや衣類のお手入れに、生地を傷めにくくなっています。

車の中車の中
車の中

すき間や入り組んだ形状の多い車の中の花粉対策も見落とせません。

入り込んでしまった花粉をしっかり除去しましょう。

製品について詳しくみる

Miele Compact C2

Miele Compact C2
  • ミーレストアで商品を購入
  • 製品について詳しく見る
  • 取扱店舗のご案内はこちら
滝田 勝紀 プロフィール

All About 家電ガイド

滝田 勝紀 プロフィール

モノ雑誌などで10年以上に渡り、白物家電の担当を務め、雑誌、Webなどで数多く連載を持つフリーランス編集者。毎年、ドイツで開催される世界最大の家電見本市「IFA」でミーレブースを取材するなど、海外の家電事情にも精通する。家電のエキスパートであると同時に、25年以上花粉症に悩み続けていたが、一昨年からミーレの紙パック式掃除機を導入。花粉対策の効果を実感している。